長井情報の記事詳細ページ

【極楽のようなビオトープに】

関東甲信越地方は梅雨明けしましたね。山形は適度な降雨と
日中の高温で、花や植物・作物も元気に育っています。

2008年、伊佐沢地区二重坂(ふたえざか)に作られたビオトープ。
完成してから9年目を迎えた今シーズン、池は一面蓮の花が
咲きそろい、まるで極楽浄土を思わせる空間に(*^_^*)


※ビオトープとは・・・生物空間(bios)と場所、空間(topos)の合成語で、
生物群の生息場所となるよう環境を整備した場所のことです。

この地で蓮は生息しておらず、ビオトープ造成の際に
掘り起こされた種が芽を吹いたのか、昨年秋に初めて開花が観測されてから、
「不思議なこと」「古代ハスの可能性も」と話題に。
  

     

これからも、どんな生物が増えていくのか楽しみです。
見学される方は、不法採取や外来種を放すなどの
生態系を壊すことはしないで見守ってくださいね。

【この記事は、ながいファン倶楽部のブログです】
☆毎月1日・15日にファン倶楽部会員様へメールマガジンを配信♪
▼前の記事・お申込はこちらから!

2017.07.21:[長井情報]
あやめちゃん
やまがた長井観光局
〒993-0003 山形県長井市東町2番50号
Tel:0238-88-1831/Fax:0238-88-1812