長井情報の記事詳細ページ

【小正月の火祭り行事『ヤハハエロ』】

全国的には「どんど焼き」と呼ばれる小正月の火祭りは、
長井では『ヤハハエロ』と呼ばれています。

昨年の稲わらや茅などで作られた、高さ4〜5メートルにもなる「斎塔」に、
家々から持ち寄った、古いお札やお守り・正月飾りなどを入れて焚きあげ、
豊作や無病息災を祈る、伝統的な行事です。

15日を待たずに先週末、市内でも地区ごとにそれぞれの『ヤハハエロ』が行われました。
▼「斎塔」へと続く1本道は、小さな雪灯籠で灯されて幻想的な景色に。
  

▼火が入れられると、周りにいた人達が火を囲んで集まり始め・・・
すると誰からともなく、火に向かって「ヤハハエロ〜!」と掛け声が。
  
 
「弥栄えろ(いやさかえろ)」とか「家(や)は栄えろ」が訛って
「ヤハハエロ」になったとか。
大きな声を出す事で、体の中の悪いものが火と一緒に飛んでいくのだそう。

▼中道地区では、毎年「斎塔」が2塔立てられるのが風習。
一つは火伏せの神様、もう一つは便所の神様なのだそう。
当日雪は降らず、風もなかったので炎は天高く燃え上がりました。
  

「斎塔」の側に張られたテントでは、甘酒や玉こんにゃくのお振る舞いが。
  

今年も五穀豊穣・無病息災で過ごせますよう祈願しました。

【この記事は、ながいファン倶楽部のブログです】
☆毎月1日・15日にファン倶楽部会員様へメールマガジンを配信♪
▼前の記事・お申込はこちらから!

2019.01.16:[長井情報]
やまがたアルカディア観光局
〒993-0003 山形県長井市東町2番50号
Tel:0238-88-1831/Fax:0238-88-1812