長井情報の記事詳細ページ

宮内駅開業記念カードその4

 記念カードの中には医院や商店、銀行も紹介されているが、製糸工場の写真も2枚ある。米沢藩以来の養蚕を生業としていた地域経済が、製糸・繊維産業として近代化されていく様子を知ることができる。しかも、株式会社としての操業である。

 山形市に住む知人から「曽祖父の時代には、荒砥町辺りまで桑を売りに行っていたそうだ。」との話を聞いたことがある。軽便鉄道法が施行されてすぐに、長井線が実現することになった理由の一つが、ここにあるのかもしれない。

 この当時の養蚕、製糸産業の重みを、もう一度考える必要があるようだ。そして、2枚の写真の中に、「長井町の有志と連合して、軽便鉄道建設に動いた人物」がいるかもしれない。

 

【資料提供:ふるさと資料館・時代のわすれもの(南陽市宮内)】

2019.07.12:[長井情報]
おらだの会
やまがたアルカディア観光局
〒993-0003 山形県長井市東町2番50号
Tel:0238-88-1831/Fax:0238-88-1812