案内人の記事詳細ページ

「願懸け杉」もスッキリと

 柴刈り爺さんのビフォー・アフターの第1弾は、この写真です。線路の西側に立つこの杉の木は、いつの頃からか「願懸け杉」と呼ばれるようになりました。故郷を離れる人が「この木のように頑張るぞ」と心に誓って、旅立ったと言われています。厳しい環境の中でも、上を見て伸びようとする姿が、そのような言い伝えを生んだのでしょうか。たとえ歴史の中に埋もれてしまうことはあっても、一生懸命生きたことを認めてくれる人と時代は来るんだよ、という事でしょうか。駅舎の中の「成田縁」と共に、訪れる人を元気にしてくれるシンボルです。

 

【おらだの会:願懸け杉の名称、伝聞は歴史的に検証されたものではありません。】

2019.07.02:[案内人新着]
おらだの会
やまがたアルカディア観光局
〒993-0003 山形県長井市東町2番50号
Tel:0238-88-1831/Fax:0238-88-1812