特集|春のトレッキング

春のトレッキング

葉山エリア

 置賜葉山は標高1264.5mで一帯はゆるやかな傾斜の高原状になっています。長井盆地から東側は急勾配となり葉山断層崖と呼ばれています。奥ノ院と呼ばれる山頂には湿原が広がり、春にはミツガシワが一面に咲き乱れます。市内からのアクセスも良く気軽に登ることのできる山で、初夏の市民登山では残雪とブナの新緑を楽しむことが出来ます。山菜も豊富で1年を通じて山の恵みを楽しめるため山菜を取りながらの山歩きもオススメ。

 登山道は、おけさ堀ルート、勧進代ルート、白兎ルートの3ヶ所、白兎ルートは樹林尾根の急な登りですが、アカショウビンの独特な鳴き声を聞きながら自然を満喫できるオススメコースです。尾根上の道の先からは広大なブナ林が続き4月中旬には、ブナの根開け(ブナの根もとの雪が円形に融ける)が見られます。所要時間は登り3時間30分、下り2時間30分。葉山自然公園の駐車場を起点に往復となります。

おすすめポイント

葉山の名水

雪解けシーズンの鉾立の水(ほこたてのみず)は口あたり柔らかな超軟水。山登りでほてった体にしみていきます。(白兎ルート山頂付近)

春の山菜

春の山菜の王様「たらの芽」をはじめ、コシアブラにアカミズが豊富。春の葉山は山菜パラダイス!

体験  -市民登山-

葉山の自然を愛する市民をはじめ、遠方の葉山ファンも参加します。

▼参加者を募集します

いつ 5月8日(日)午前7時受付、7時45分出発 (実施の場合午前6時に花火で合図)
集合 はぎ苑駐車場(受付場所)、 登山口までバス往復
コース 勧進代口〜勧進代尾根〜葉山山頂(昼食)〜白兎尾根〜葉山森林公園〜はぎ苑
持ち物 昼食、雨具、一般登山装備など (履物は登山靴または長靴)
反省会 終了後、はぎ苑で希望者を対象に反省会を実施します。

詳細につきましては長井山岳会事務局 鈴木までお問い合わせ下さい。TEL:0238-84-0015

絶景スポット

山頂の奥ノ院からは、市民の山「祝瓶山」をはじめ大朝日一帯が眺望できます。晴れた日には、飯豊連峰、蔵王連峰も一望できます。

野川エリア

 長井盆地を東西へと流れる置賜野川は、朝日山系の南斜面をなす平岩山を源流とする急流です。古来より暴れ川として恐れられてきましたが。近年では下流に長井ダムが建設され流域周辺は自然あふれる観光地として人気のを集めています。置賜野川の河川長は29.4km上流部には、黒獅子祭りの起源となった卯の花姫伝説の残る「三淵渓谷」があり、ボートで巡る遊覧船やカヌーツーリングが楽しめます。春の長井ダム湖「百秋湖」は、遠景の残雪の山々と、木々の新緑を映し、湖面はエメラルドグリーンにそまります。朝日山系の雪解けの水を満々とたたえ越流するダムの雄姿はこの時期だけの絶景スポットです。最近ではやまびこのよく聞こえる「ヤッホーポイント」としても大人気!

 その他、置賜野川沿いを散策する清流ウォーキングは上流から下流まで心地よい野鳥の声を聞きながらゆっくりとした時間を過ごせます。散策には野川まなび館の駐車場を利用すると便利です。(カヌーは長井ダム管理支所へ届け出が必要)

おすすめポイント

長井ダム(ながい百秋湖)

雪解け水を満々とたたえた長井ダム湖面は、新緑と残雪を映すエメラルドグリーンの湖面が美しい。思わずヤッホーと呼びかけてしまいます。

置賜野川清流を歩く

置賜野川流域は野鳥の楽園。様々な鳴き声を聞きながら清流沿いをウォーキング。カメラ片手に新緑の清流を満喫。

体験
-百秋湖カヌーツーリング-

長井ダムのダム湖「ながい百秋湖」では、カヌーが楽しめます。合地沢湖面広場から上流の三淵渓谷まで、新緑が映る鏡面の百秋湖をゆったりとツーリングできます。(貸カヌーはありません。長井ダム管理事務所へ届け出が必要です。)

絶景スポット

置賜野川の上流部には黒獅子舞の起源とされる卯の花姫伝説の地「三淵渓谷」があります。高さ50mを越える断崖絶壁が200mにも続く渓谷は神秘的な雰囲気にあふれ、パワースポットとして人気。湖面からのみアクセス可能なため、期間限定で運行されるボートツーリングは予約が取れないほど。

野川まなび館

野川まなび館では四季を通じて、様々な自然体験ができます。館内には野川の歴史や自然を紹介する展示があり、スタッフによる館内ガイドも申し込めます。周辺の散策には駐車場利用が便利です。

アクセス:長井市内から長井ダムまでは車で15分、野川まなび館までは車で10分。市営バスも利用できます。

木地山エリア

 置賜野川本流の上流部に位置する広大な森林地帯は、急峻な山々が幾重にも連なり、深い森を形成しています。良質な木材が育つことから、古くから木地の産地として大切に守られてきました。また、木地山周辺の景観が素晴らしいことから「野川風景林」に設定されています。清涼な水を湛えるダム湖には、東北のマッターホルンと称される祝瓶山の山容が映り、絶景ポイントとしても人気です。

 さらに奥に進むと祝瓶山の登山口となる祝瓶山荘があります。置賜野川の源流二筋の滝や、ブナの原生林が美しい桑住平までのトレッキングはここからスタートです。春の山菜も豊富で5月下旬から6月ごろまで、多くの採取客でにぎわいます。渓流釣りのスポットとしても大変人気のエリアです。(祝瓶山荘まで車で40分 登山口付近は駐車場・水場・トイレあり)

おすすめポイント

木地山ダム

木地山ダムは県営の多目的ダム。堤体やゲート部分はとても個性的なデザインでダムマニアから人気となっています。平日のみダムカードが配布されることでも有名。

祝瓶山

市民の山、祝瓶山は標高1417mで日本三百名山に数えられます。三角錐の山容が特徴的で周囲との景観も素晴らしい。登山道には吊り橋やブナ林、水芭蕉の群生地などがあり、是非カメラをもって出かけたい。朝日連峰の南端に位置する山頂からは大朝日岳、以東岳も望めます。また、周辺は多くの沢が入り組むため渓流釣りも楽しめます。

アクセス:長井市内から木地山ダムまで車で40分。木地山ダムから祝瓶山荘まで20分。

熊野山エリア

 長井市の西部に広がる熊野山は、長井ダムや祝瓶山を一同に望める絶景スポットとして人気です。中腹には熊野神社の奥ノ院が祀られ、登山路をかねた参道には標識が設置され半日の山歩きにはおすすめのコース。登山口は道照寺平スキー場から始まり、ゲレンデからも長井ダムや長井市内が望めます。山頂付近は尾根歩きとなり3か所の展望所があり、長井ダムと祝瓶山が一同に眺められるのは熊野山のみ。山野草が美しく咲く春はゆっくりとトレッキングを楽しめます。

 市内からわずかな時間で自然を満喫できるエリアとして、子供から大人まで人気があります。奥ノ院の展望台からは、長井市内と置賜野川が見下ろせます。頂上付近の展望所からは長井市の南東部も見渡せ、水をはった田んぼが一面に広がる散居集落はとても幻想的な風景です。

おすすめポイント

熊野山奥ノ院

熊野山に祀られた神社には一風変わった地元の風習があります。この地に嫁いだお嫁さんと、お姑さんが一緒に登山するといったもので、近年まで続いていたといいます。現在、周辺地域は三世代同居率が高い地域としても有名です。

展望所(第1〜第3)

中腹部から山頂までは長井ダムと祝瓶山をのぞめる絶景のスポットがあります。晴れた日には大朝日岳も見渡せる市内唯一の展望所です。お弁当はここで食べよう!

絶景スポット

中腹の展望台から望める散居集落の風景はオススメ。晴れた日には展望所から祝瓶山と長井ダムが望めます。

アクセス:長井市内から道照寺平スキー場まで車で10分。登山口から山頂まで1時間30分。

あしため

編集者

あしため
長井の春は生命のスタート!水がめぐるところに人が集まり人が集まるところに多くの笑顔が生まれます。
残雪と新緑が織りなす大パノラマ…是非、春山から長井の息吹を体感ください。

前のページへ戻る

やまがた長井観光局
〒993-8691 山形県長井市館町北6番27号
Tel:0238-88-1831/Fax:0238-88-1812