記事詳細ページ

成田駅の宝物  駅勢概況表

  • 成田駅の宝物  駅勢概況表
  • 成田駅の宝物  駅勢概況表

陽に焼けてあちこち剥がれてしまっている概況表。昭和38年4月の日付がある。38豪雪に見舞われた年である。一日の乗客数が昭和36年(1961年)が300人。ウィキペディアでは平成9年(1997年)104人、平成29年(2017年)が50人となっており、調査内容が同じだとすると現在の6倍ほどの利用者がいたことになる。産物は米2121トンの他に繭121トン、ホップ12トン、葉タバコ4トン。繭で121トンとはどれぐらいの容量になるのだろうか。そして八幡神社の祭礼は、10月第1土・日になっている。神社総代長は、明治からの記載のある「宮司の神社日誌」を調べてくださった。それによれば、例大祭は明治22年から昭和22年までが9月15日(旧8月15日)、昭和23年から32年までが10月15日。昭和33年から50年までが10月第1日曜日で、昭和51年から現在までが9月の第2日曜日になったとのこと。剥がれ落ちた箇所にも、面白い情報が隠れていたんだろうなと思う。やはり丁寧に保存しておくことが必要だな、とつくづく思います。

2019.09.29:[案内人新着]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
斎藤 理喜夫:画像

斎藤 理喜夫 ( )

山形県長井市の羽前成田駅で活動する『おらだの会』の情報を発信します。

やまがたアルカディア観光局
〒993-0003 山形県長井市東町2番50号
Tel:0238-88-1831/Fax:0238-88-1812