記事詳細ページ

ここには帰りたい場所がある

  • ここには帰りたい場所がある
  • ここには帰りたい場所がある

 この場所に立つと、思わず口ずさむ歌がある。思い出のグリーン・グラスという歌である。「汽車から降りたら小さな駅で迎えてくれる・・・」というメロディが流れると私は、夏休みに帰省する大学生に戻り、あるいは見知らぬ町を訪れる旅人となって、この景色を眺めているのである。

 人はその時々に、かけがえのないひと時を懐かしみ、大切な思い出の場所を振り返るものである。故郷喪失とか無縁社会と言われる時代にあっても、それぞれが帰る場所を求めているのではなかろうか。フラワー長井線を旅先として選んでくれた旅人に、小さな駅舎が佇むこの風景が、「帰りたいと思う場所」として心に刻まれてくれればいいと思うのである。

2019.11.23:[案内人新着]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
斎藤 理喜夫:画像

斎藤 理喜夫 ( )

山形県長井市の羽前成田駅で活動する『おらだの会』の情報を発信します。

やまがたアルカディア観光局
〒993-0003 山形県長井市東町2番50号
Tel:0238-88-1831/Fax:0238-88-1812