案内人の記事詳細ページ

キュウロク&ゴクロウサン

 米坂線と長井線がコラボしたシンポジウムが開かれると知り、想い出したことがある。それは、米坂線に乗って宇津峠を越える時に、猛烈な煙と匂いが客室に押し寄せて来た記憶である。長井線は昭和29年に客車がディーゼルになり、貨車の牽引からも引退することとなった昭和47年10月1日、「さよならSL」が実施された。一方、米坂線での「さよなら列車」は同年3月実施となっている。私が米坂線に乗ったのは高校生の時であるから、米坂線では、山親父と呼ばれたキュウロクが長く仕事をしていたのであろうか。

 さよなら列車の車体番号をみると9634と59634。この数字について知人から教えてもらった。96は9600型という型式を示し、下2桁の数字は頭の数字と共に製造順を示しているとのこと。9634は9600型の34番目に製造された機関車で製造年は大正3年、59634は9600型の534番目に大正10年製造の機関車であることがわかります。写真の59634号はその後、九州の筑豊地区で働いた後に引退し、現在は北九州市の「九州鉄道記念館」に展示されているとのことです。

?

【製造年はウィキペディア、引退後の59634号の記事は九州鉄道記念館HPより。カラー写真は「写真で見る致芳のあゆみ」、白黒写真は山形運転所米沢派出所制作「鉄路と共に」より】

2019.10.30:[案内人新着]
おらだの会
やまがたアルカディア観光局
〒993-0003 山形県長井市東町2番50号
Tel:0238-88-1831/Fax:0238-88-1812